タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしております。数有る案件から厳選して選び抜いたものに投資をしています。Trade Coin Club、BitClub Network、CCP、OZcompany、winnexplusで運用中。億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

OZカンパニーAlロボットの凄さ

先日、OZカンパニー大阪サロンでOZロボット3.0のAl説明会に行ってきました。


OZカンパニーAIの総責任者ジョセフ本部長の話しを聞けることもなかなかないことなので貴重な時間でした。





ジョセフ氏は韓国のコリアンテレコムに18年勤務後渡米。



FX会社LAND-FXへ就任後、投資マネージャーとして7年間勤務されOZカンパニーへ移籍されました。



OZカンパニーではAIロボットの開発に4年間従事されています。





私も以前他社のFX自動売買ロボットを使ってた時期がありますが、ロボットは決められたロジックで動いています。



私が使っていたのはシンガポールに拠点を置くキャピタルラボとゆう会社。証券会社はFXBESTとゆう会社です。



キャピタルラボとはFXの自動売買ソフトを販売する名目の会社でした。



キャピタルラボの販売するロジックを購入するとFXBESTを経由して一口300万円まで自動でFXの運用をすることが可能でした。



この運用成績が優秀で、約6%の運用実績を毎月出していました。実際の例で説明すると約300万円も運用していれば、月々20万円くらいの運用益を上げていました。



私はこの権利を購入し2年間運用をしていました。



ところが2016年6月3日の21時31分の取引で証拠金の98%近くにも相当する膨大な損失を出しました。約100億円の損失を一撃でこのロジックは吹き飛ばしました。





皆一様に僅かな金額しか口座に残っていません。


一晩にして一桁千円になりました。数千万預けていた人もです。




ここからは私の私見を交えてお話しさせていただきます。



私としては最初からこうなるシナリオだったと結論付けています。



よくよく調べると証券会社の一部には裏の暗黙の取引が存在するようです。



顧客の取引と反対売買し、顧客の損失分を証券会社が儲けるとゆう闇の仕組みがあるようです。もちろん真っ当にやっている証券会社もありますが、問題はその事実はわからないってことです。



マーケットの動きとうまく合わないと、成績は低下するわけですが、



トランプ大統領の行動や発言にも世界が慣れマーケットも底つきの感が出て来ています。





今がターニングポイント、戻る傾向ですが、離れたら戻るのが、FXの世界です。



普通、3ヶ月間の収益が少なかったら証拠金を引出してしまいお客様が離れてしまいます。


そこで、証券会社は普通はマージンコールをかけます。





一般的な証券会社は、マージンコールをかけては儲ける仕組みでしょう。



OZの場合は、マージンコールがない形に設計されています。



非常に賢い人工知能AIだから好転する可能性が高く、学習機能が働いているので、利益を下げたとしても負けはしないという設定なのでしょう。



平均5%~15%の運用実践ですが、勝つこともあれば負けることもある。凄いのは証拠金を減らすことがなくどんなに悪くてもマイナスにすることなく必ず利益を出すとゆうのは中々出来ることではありません。


OZロボット3.0AIトレード履歴です☟

オズカンパニー社の人工知能AIの実績



世の中には少なくとも2千くらいの自動ロボットがあってその中で負けないのは7つくらいしか存在しないわけです。



OZカンパニーのAIもそのうちの一つで、通常170万円もするOZロボットを提供してくれてます。自動ロボットでコンスタントに勝てているだけでも凄いことだと思います。



OZカンパニーOZロボット3.0は、


2015年は証拠金3,000万ドルで、
175,000ドル…約1億9千万円の55%稼ぎ出しました。


163回の取引です。




2016年は160%の利益を上げています。





リチャードCEOが取引しているものです。☟




OZカンパニーは、自分でマニュアルでもってトレードできるようなプログラムの提供があります。



OZロボットに頼るのもいいですが、アカデミーでの学習経験を生かし、自らの力でより大きな利益を目指すという選択肢が手に入ります。



誰もが、いずれ経済的に自立しなければならない時期が、遅かれ早かれ必ずやってきます。



自動売買であれ、FXトレードの基本を学ぶことは、決してマイナスになることはありません。




OZcompany



OZカンパニーはロボットを提供するだけにとどまらず、こうした本質的な部分への実現をしようと日々模索し取り組んでいます。



将来を見据えて本物の証券会社OZカンパニーに投資し、株主になるとゆうことはナスダックに上場したときは、莫大な資産を築いていると私は確信しています。



ご質問、ご登録はブログ、ツイッター、LINEよりDM下さい!!


LINE ID nobo911







仮想通貨ランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。