タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ブックメーカーをはじめ仮想通貨に投資をしています。投資情報のご紹介と運用状況を綴ったブログです♪

TCC・BitClub・Winnex+・SnowBall・ArbiTrageに投資中!!億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にメッセージ下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

ブックメーカーとは

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村👆いま何位かなぁ?ポチッとクリックお願いします(^^)



久々にブックメーカーを始めた訳ですが、今回は胴元サイトにログインすることなくアービトラージを使った運用方法でお金を増やしていきます(^ ^)





アービトラージは、暗号通貨を増やすアービトレーダーでも、用いてる手法になりますが、ブックメーカーアービトラージの事は次回のブログで詳しく書いていきます。



まずは、ブックメーカーをおさらいしておきます。いわゆる、国内の公営ギャンブルが賭けの胴元なのに対し、ブックメーカーは両替商などに近い手数料ビジネスです。




ブックメーカーとは


イギリス発祥の賭けの主催会社の総称で、現在は世界中に数千社は存在すると言われています。事前に配当率(オッズ)を提示し参加者を募集し賭けを行い、そのオッズ差で生まれる賭け金の一部を手数料として受取ります。取り扱う賭けの種類はスポーツに限らず、気象、政治、エンターテインメントまで多岐に渡ります。






ブックメーカーの違法性について


ブックメーカーで投資をすることは日本ではグレーゾーンになります。


なぜグレーかというと、ブックメーカーで投資をする行為そのものは、日本では賭博罪に該当します。


しかし、賭博罪は犯罪の性質上、必ず複数の人間が関わる『必要的共犯』とされ、胴元と参加者という向かいあう関係の者たちが共犯となることから『対向犯』と呼ばれています。


ところが、胴元であるブックメーカーは完全に合法なので処罰ができません。


対向犯の一方である胴元を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです。


そしてさらに、私たちがシステムを使って参加をした場合、私たちが直接ブックメーカーサイトでベットするわけではありません。


システムが一括でベットをし、パッケージングしたその試合に参加をするということになります。


そういった意味からも、法律的には全く触れていないので、こちらのシステムを自信を持ってオススメできる投資法なのです^_^






何故ブックメーカーか


スポーツ全体の 世界の年間市場価値は1兆ドル超と猛スピードで成長する億万ビジネス産業です。


今後スポーツが無くなることはありえませんし、イギリス人の娯楽と経済を支えるブックメーカーが無くなることも皆無だと思います。また、スポーツアービトラージの収益性は経済情勢や市場要因には全く影響されません。


このような巨大なグローバルスポーツ経済が支えるブックメーカーAIアービトラージで試合の結果に関わらず、投資した利益が保証されるという訳です。





気になる方はブログ、ツイッター、LINEよりDM下さいね!情報はLINEグループに詳細を書いてますのでご招待いたします^_^


LINE ID nobo911






タクヤの小遣い稼ぎブック☆ 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。