タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしております。数有る案件から厳選して選び抜いたものに投資をしています。D9Club、CCP、Trade Coin Club、One for All All for One、winnex+で複利運用中。億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

ファンドの話し

私がファンドをしったのは今から約10年前ぐらいのこと。



当時、私の友達が株をやってたのですがお金を預けてくれたら月利5%で運用してあげるよ、とゆう言葉を信じ300万円を預けました。



まあ友達だし単純に5%の複利で300万回したら2年以内に億万長者になれる!と夢を抱いてお金を託しました。




毎月楽しみに増えてる?と聞いてましたが、あるときかの有名な事件のライブドアショックで複利のお金も元金の一部もとんでったとゆではありませんか!



預けてた期間は約1年。単純に1年だけでも5%なら相当な額になる。少なく見積もっても5倍以上になってると思ってただけに当時はなかなかの期待倒れでした。まぁおこったことはしょうがないし



結局元金の300万だけを返してもらいどうしようかなと思ってたところ知り合いの社長さんが日興コーディアル証券会社の方を紹介してくれファンドでお金を預けて増やしてもらおうと考えました。




とゆってもファンドとか意味もわからず聞いてみると、国のGDP経済が良くなれば預けたお金も増えると単純に解釈してそうであればこれは発展途上国を絞り投資するのがいいと300万円を運用に回すことにしました。



ただ、私はファンドアドバイザーの方のプランを無視し4つの国でポートフォリオを組んだほうがいいと選んでくれたのだがどうせなら勢いがある国に絞ったほうが利益が早く上がるんじゃないか、と素人目線で中国、インドの2点のみで投資をしました。




これはあくまで結果論ですが本来こんな組み方は素人目線で全くリスクがとれてない選び方をしたみたいでした。



とゆうのも当時働いてた会社が倒産した直後だったのでちょっと増やしたい気持ちが2点投資に踏み切ったと思います。



さてこの、中国、インドのファンドはどうなったかとゆうと



なんと1年たたずに2つで約100万円増えてたのです。




中国が70万、インドが30万。どちらもすごいけど中国バブルは凄いなと当時まじまじ感じました。



結局1年のみしか運用せず増えたとこで解約しましたが、解約金とられても銀行に預けてることを考えたら天と地の差ですね。



私のファンド物語りでしたが夢が広がる投資はワクワクしますね。いまの経済状況ならドキドキのほうが多いかと思いますが増やす仕組みを知ってるだけで結果が随分変わるお金のお話しでした。



増えたお金は次の投資に当てたのですが続きはまた明日!




タクヤの小遣い稼ぎブック☆ (@takuya_okanee) | Twitter