タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしています。数ある案件の中から選び抜いたものに投資をしてます。日々の運用状況と旅を綴ったブログです♪

TradeCoinClub、BitClubNetwork、winnexplus、ArbiTrader、GTWS、AABTで運用中!!億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

オリンピックメダルの報酬の話し

リオネジャネイロオリンピックに目が離せません。日本勢のメダルラッシュを期待しつつ、メダルの獲得報酬っていくらなんだろうと調べてみました。





《日本の金メダルの金額》



金メダル : 500万円 (200万円増額)


銀メダル : 200万円 (据え置き)


銅メダル : 100万円 (据え置き)



この金額は、チーム種目でも選手1人ずつにこの金額を支払とういうことです。



チームで500万でもチームの人数が多くなると1人あたりの受け取り金額が少なくなっては寂しいですもんね(笑)



同じ金メダルでも、競技によって+αの報奨金がかなり違います。





競技別に見てみるとこんなに差がありました。




【水泳】



金メダル : 3,000万円 + 200万円
銀メダル : 300万円  + 100万円
銅メダル : 100万円  + 50万円


※リレーの際は4分割



【自転車】



金メダル : 3,000万円
銀メダル : 2,000万円
銅メダル : 1,000万円



【陸上】



金メダル : 1,000万円
銀メダル : 600万円
銅メダル : 400万円



【バトミントン】



金メダル : 1,000万円
銀メダル : 500万円
銅メダル : 300万円



【卓球】



(シングルスの場合)
金メダル : 1,000万円
銀メダル : 400万円
銅メダル : 200万円



(団体の場合)
金メダル : 400万円
銀メダル : 100万円
銅メダル : 40万円



【女子サッカー】



金メダル : 150万円
銀メダル : 100万円
銅メダル : 50万円



【テニス】



(シングルスの場合)
金メダル : 800万円
銀メダル : 400万円
銅メダル : 200万円



【射撃】



金メダル : 500万円
銀メダル : 300万円
銅メダル : 200万円



【女子バレーボール】



金メダル : 300万円
銀メダル : 200万円
銅メダル : 100万円



【レスリング】



金メダル : 300万円
銀メダル : 200万円
銅メダル : 100万円



【体操】



金メダル : 50万円
銀メダル : 30万円
銅メダル : 20万円



【柔道】



報奨金 0 円 ・・・・





このように各種目の協会より支給されるのですが、金メダルをとっても報奨金が全く違います。大野将平選手の柔道の試合見て凄く感動しました。お金じゃないなと思いますが‥‥



実際、オリンピックに出場するまでの努力はどの選手も同じくらい大変なので、+αの報奨金の金額の見直しも検討したほうがいいなとも思いました。





毎日深夜にオリンピックを見てるので昼間は寝不足ぎみですが、私自身はテニスの錦織選手の試合をとても楽しみにしてます。





タクヤの小遣い稼ぎブック☆ (@takuya_okanee) | Twitter


週末はブックメーカー

オリンピックも始まりました。もちろんブックメーカーでは対象試合が増え楽しみが増えます。



ブラジルとは時差が12時間あるので眠れね日々が続きそうです。



さて、時差とゆうことでブックメーカーは24時間スポーツを賭けることが可能ですがその中でも比較的儲けやすいサッカーについて話します。



私は利益を得やすいことからサッカーに賭けることが多いのですが地域によってゲームスタイルの違いが試合に影響するのを感じます。



どおゆうことかというと点がバンバン決まりやすい地域となかなか点が決まりにくい地域があるとゆうことです。



とくにヨーロッパなどはデンジャラスアタックも高く得点が決まりやすい傾向で、逆に南米やアジアだとデンジャラスアタックも少なくなかなか得点が決まりにくいです。



日中に行われた試合です。
           




深夜に行われた試合です。


                  



もちろんスポーツなので毎日同じようになることはありませんが傾向として攻め主体と守り主体と地域や国によってあるなと感じます。



それを踏まえて私の実践結果ではサッカーのunderは早朝6:00〜夜22:00まで、overは深夜0:00〜朝5:00までの時間帯がもっとも勝てました。



失敗を繰り返した結果ですがunderをやっていて0時までは余裕で勝ってたのにヨーロッパのサッカーが熱い時間帯になるといきなりどどっと点が決まり負けたり、早朝の南米やアジアの夜の時間帯ではoverは深夜に比べて勝率が悪かったりと、データをとって実践してみると勝率もグンと上がり根拠も増えとても面白いです。






ブックメーカー投資で大事なこと①

お金を増やしていくには手法より、メンタルと徹底した資金管理がとても重要です。





よくFXやバイナリーでお金を溶かしたと聞きますがお金は溶けません。



意味としては勝負して全額負けて無くなった、もしくはさらにマイナスの負債を背負ったとゆうことですが、ではなぜ全額資金を失うのでしょうか。



これはパチンコや競馬、競艇など一般的なギャンブル全般に言えることですが、人は負けたら取り返したいとゆう気持ちが働き、せっかく勝っていた資金も少しの負けが許されず結局あとにもひけず全ての資金を無くしてしまう人が多いようです。





では冷静に考えたらたった1度の負けから崩れてしまうのは何故でしょうか。



やはりメンタルですね。コツコツ時間をかけて積み上げて増やしてきた資金が1度の負けで減るわけですから、熱くなるのは当然ですよね。



これがギャンブルの怖いところで気持ちが負けを許されなくなってしまい、なんとか取り戻したいとお金を突っ込んでしまうのです。考えたら何故こんなところで勝負したのか冷静な判断を失い賭けて負けるのです。



結局のところいくらすぐれた必勝法があろうが資金管理とメンタルが徹底できない限りは継続して勝つことはできないのです。勝率がどれだけ良かろうが抑えることができなければ最後はたった1回で大負けします。



投資やギャンブルで勝てる人はしっかりと引き際ができてますし、なにより自分自信のことを1番わかってます。熱くなったら迷わずやめることを実行できますし、躊躇することで痛い思いを誰より経験してきたのだから腑に落ちてるのでしょう。



どれだけ勝てる手法でも、メンタル面だけは自分自信で強くするしかないのでまずは、勝つことより負けに慣れることから始められたらいいです。



急がば回れとゆうことわざがあるようにそれが儲けるうえでは1番早いし効率もいいです。



そして欲張らずにひとつのことだけを徹底してやり続けるのがブレのないメンタルをより強くしてくれます。





やはり人間、誰でも負けたくない気持ちを持ってますが性格だけはなかなか変えることが難しいので私はそこにフォーカスしています。これが私が思う5%の勝組理論です。