タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしています。数ある案件の中から選び抜いたものに投資をしてます。日々の運用状況と旅を綴ったブログです♪

TradeCoinClub、BitClubNetwork、winnexplus、OZcompany、ArbiTraderで運用中。億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

投資の概念が変わる!?

ここ最近ビットコインの価格が急騰しており60万円を大きく超えました。チャートを見るのも楽しみではありますが相場の世界、上がれば下がる、下がれば上がる、乱高下しながら本物の価値になることを見守っています。





一喜一憂するのはメンタルも疲れますしね(笑)



さて、私が投資している案件ですが、



No.1 Trade Coin Club
No.2 winnexplus
No.3 BitClub Network
No.4 OZcompany
No.5 CCP



があります。



TCC、ビットクラブ、winnex+はされてる方も多い案件で情報も巷に溢れておりますが、OZカンパニーはあまり見かけません。TCCは暗号通貨でOZカンパニーはFXと、どちらもAIですが人工知能はとても優秀です。





私の投資の利益の流れは、TCCは毎日出金しブロックチェーンに貯金、winnex+は5口あるので毎週1口ずつ順繰り出金しお小遣いに、ビットクラブは3口の内2口は100%再投資に回り、残り1口は50%出金し月に一度のディナー&ランチを楽しむといった感じで満喫しております。



OZカンパニーは私がやっている案件の中でも唯一証券会社としてシンガポールで認可されており目先ではなく将来性への投資です。また問い合わせも一番多い案件です。



先日、本社から株券が届きました。OZカンパニーの価値はデジタル化されており、株券はとくにあっても無くてもどちらでも構わないのですが、日本人はやはり現物の証書があったほうが安心でしょうね。





情報発信者として正しい情報をブログに書いていくよう努めていますが、やはり論より証拠!出来ることなら創業者や開発者に関わり直接話しを聞くことが一番です。



どの案件もそうですが創業者、開発者から直接話しを聞きく事がとても大事です。ネットや第三者から伝わるのとはまず、腑に落ち度合いも天と地ほど違います。



さらに、相手の人間性や人柄も知る事が出来るので会えることはとても貴重で価値はあります。



海外から創業者がわざわざ日本に来てくれる、もしくは日本にいるなら例えどれだけ離れていても時間を作って行くことこそ、投資を考えているならまずは基本かなと思います。



お金を投資すること。金額は関係なしにその会社に託すわけなので、直接話しを聞き知ることで自信にも繋がりますし、安心して投資でき、何より確信レベルが上がります。イメージ出来る物、事は手に入りやすいのです。





私がやってる案件の中で創業者と直接関わることができなかったCCPがあります。



こちらはシステム的には大変よく出来てると言えますが、中国マネーも流入しており少々不安が拭えないので私のポートフォリオからは外しました。安心して投資を出来る案件のみポートフォリオに組み込んでます。




では新しくポートフォリオに組み込んだその案件とは!?



タクヤのポートフォリオ最新に、前回のブログで触れていますが、これをするまではビットコインを含む仮想通貨を毎月1BTC分を10通貨〜18通貨程定期的に購入していたのですが、相場世界の値動きに一喜一憂はメンタル的に良くないなと感じ、戦略を変更しました。



基本ホールドしてるだけより私の投資スタイルで考えるとワクワク感があり、一喜一憂しなくてすむ投資が一番自分に向いてると考え、夏頃より検証してきました。



新しくポートフォリオに組み込むにあたって、自分自身が自由に資金を増やせ、例え全ての案件が飛んだとしても自分自身で増やす仕組みを持つ事ができるのなら他の案件に依存しなくてすみますし、この案件たった一つで十分です。



その案件それは、



Bitcoin
Ethereum
Ripple
Litecoin



を増やせる投資法です。





私の投資人生でこれほどまでに期待でき、ワクワクするものは過去ありません。次回のブログで書いていきます。










仮想通貨ランキングへ

TCC 172日(2サイクル)後の経過

Trade Coin Clubを登録開始して172日(土日を除く)が経過ました。日本上陸直後1月27日からスタートして早、9ヶ月が過ぎました。



私が思うのは、TCCは数ある案件の中でも最も堅く、BTC建てで利益を増やせる唯一の投資先だと考えてます。





172日経過し、2サイクル目も順調に利益を積み上げていきました。結果報告です。





投資金22.5BTC
11.25BTCに対して純粋なトレード利益が、





14.96166084BTC(86日)です。



172日のトレード合計です。



現在の1BTC(54万円)レートに直すと日本円で、約800万円の利益です。


諸々の手数料を引いても約536万円の純利益が残ります。


月収に直すと134万円です。




前回の記事で1サイクル目の結果報告を書いてますので是非ご覧下さいね!そのときから比べ月収ベースで約30万円も毎月増えています。



ちなみに1サイクル終了時点での1BTC価格は約31万円でした。



ビットコイン価格が4カ月で23万円も上昇してる訳で、投資金は全く変わってません。






いかにBTC建て案件のTCCが凄いかわかりますね!



前回は25%の手数料を3BTC支払いしてますが、今回2サイクル目は4BTCの支払いをしています。



約200万円もTCCに支払ってることになりますが、それ以上に利益を積み上げ、増やせているから出来ることで、



TCCもそれだけの手数料(運営費)を取ることで、メンバーさんにしっかり還元できる、まさにwin win。TCCが末長く続けていける理由です。





昨年一年前の10月のビットコイン価格は67000円でした。



現在は54万円。一年前と比べたら約8倍です。



では、これから一年後8倍で計算すると1BTC価格が432万円です。


もちろんその通りにはいかないでしょうが半分の4倍でも216万円です。


私は十分あり得ると思ってます。




ご登録、ご質問はお気軽にブログ、ツイッター、LINEよりお問い合わせ下さい!


LINE ID nobo911








仮想通貨ランキングへ

増えた利益でF-1観戦in鈴鹿

私の趣味の一つにモータースポーツがあります。バイク、車ジャンルは問いませんが、中でも一番、観戦に燃えるフォーミュラ1。略してF-1世界選手権。一年に一度の日本開催お祭りです。








最近はTV放送もなくなりF-1人気も落ちて寂しいですが、やっぱりまた放送して欲しいです。



私は古舘一郎時代の解説が今でも忘れられません。年代がわかりそうですが、そうですよ、マクラーレンホンダ、アイルトンセナ世代^_^





過去日本開催では佐藤琢磨とジェイソンバトン率いるホンダ時代がF-1人気も高く鈴鹿サーキットも過去最高15万人と熱狂でしたが、先日のF-1グランプリ決勝は過去最低6万5千人だそうです。





やっぱりTV放送がなくなったのは痛いですね!さらにはチケットが高額なのはなかなか厳しい感じですねー。一枚のチケット10万円もザラですし、、、



セレブの国モナコでは100万円払ってでも観たい人がいるのがF-1グランプリですね。



それでも生観戦!!時速340kmの迫力はなかなか映像では伝わりにくいかもですが。



タクヤin鈴鹿サーキットF-1GP



私も日本人としてF-1ファンの一人としてまたいつか日本人ドライバー、そしてメイドインジャパンマシンを作り上げてもらいたいです。



F-1マシン1台で数億円、一回のレースでかかる費用は1チームで10億円とも言われてるF-1。やっぱりそれだけの魅力はあります^_^




ちなみに私が欲しい車、購入するならポルシェですが、ポルシェがF-1に参戦してくれたらまた楽しみも増え嬉しいです(^^)次は増えた利益でモナコGPですね!!











仮想通貨ランキングへ