タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

BTC仮想通貨自動売買システム

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣


半減期を迎えたBTCですが分散投資の一つとして仮想通貨自動売買システムを稼動させました。





仮想通貨自動売買を、何故やろうと思ったかと、そしてシステムの全容を書いていきたいと思います。



3年ほど前に仮想通貨同士の取引アービトラージが流行ました。



両通貨の価格差のボラで売り買いを繰り返すものでしたが、海外取引所だと日本人は取引が出来なくなるなど多々問題もあり最近はあまり目にすることもなくなりましたが、今回はビットコインと円相場によるいわゆるFX自動売買ツールです。





私が運用しているものは、相場の動向を予測したうえで自動で取引を行ない、人の手を介さず全自動で完結してくれるツールです。



これまでにも自動で取引してくれるツールはありましたが、近年では目覚ましく進歩しているAI(人工知能)技術を利用することで、最適なトレードスタイルを確立してより成果の上がる自動売買が行えるようになり、ツール自体が段々と成長していくようになりました。



そして、取引を自動で行なってくれるため、APIを介し、売買に関する労力が格段に削減はれ完全にほったらかしできます。



APIとは


WEBに関わっていると、「API」という言葉を聞くことがあるかと思いますが、「API」とは、「Application Programming Interface」の頭文字です。





わかりやすくいえば、「何か」と「何か」をつなぐものという意味を持ちます。例えば、USBも「パソコン」と「周辺機器」をつなぐインターフェイスの一つです。



アプリとアプリを繋げることによって、機能性を拡張させ、さらに便利に使えるようにし、欲を言えば両方のアプリにとってウィン・ウィンの状態を生み出すのがAPIの狙いです。



この仮想通貨自動売買システムの開発元は『世界コンピュータ選手権』で優勝するほどの実績あるAIシステムです。



「世界コンピュータ選手権」とは?


最強を競う将棋プログラム同士による選手権です。参加者及びハードウェアに制限はありません。主催のCSA(Computer Shogi Association)はコンピュータと将棋の接点に興味を持つ人々によって1987年に設立された非営利団体です。優勝ソフトには文部科学大臣賞が、ドワンゴ賞として優勝・2位・3位に賞金が授与されています。



このシステムの凄いとこは沢山ありますが、トレンドを追いかけ自動で利益を確定してくれます。



「1回の取引1BTC」の条件で半年かからず約100万円の利益が出たなど様々な実績があり驚くほどの収益性を誇っています。





忙しい時間や趣味を楽しんでるとき、あらゆる時に自動売買ツールは完全自動で資産を運用してくれるのは本当に助かります。



5つの初期作業で簡単に開始できます。



・BitFlyerの口座開設します。
・仮想通貨取引説明所に同意します。
・API、シークレットキー発行します。
・取引所から証拠金を移動します。
・取引量数を決めます。



以上やることはとても簡単に始めることができます。



そしてこの増えた利益の出口として、マルチウォレットプリペイドカードが付いてるのでATMで円を引き出すことが可能です。





主要通貨のビットコインをはじめ、イーサリアムからも引き出すことができるのでとても重宝します。



もちろんフィアット通貨の米ドルやユーロなども入れることが可能です。



アフターコロナを生きるこのご時世で、今後の助けとなりえる仮想通貨ビットコインを増やしていけるならやってみる手はありませんね。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪





LINE公式アカウントはこちら👇


タクヤの小遣い稼ぎブック☆

×

非ログインユーザーとして返信する