タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

借金は未来の自分から借りる

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



借金とは借りるお金ですが、お金を借りると言うことは利子を払わなければいけません。





友人や家族などの身内から金利なしでお金を借りることはできますが、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる際は、タダでお金を借りることはできません。基本的には、お金を借りる=金利を払います。



借りるにはレンタル料を払う


日常的に当たり前のことですが、お金に限らず何かを借りる際にお金を払わなければいけません。



例えば、レンタカーを借りる場合にもレンタル料を支払わなければいけませんし、何かを借りるには借りるものに対する代価を支払らいます。



お金を借りると言うことに対しても当然その分の対価である、利子を支払わなければなりません。



レンタル料と聞けば聞こえはいいかもしれませんが、レンタカーやリースなどのレンタル料とお金のレンタル料ではわけが違います。



通常は購入しなければ使えないような車をレンタル料を一時的でも支払えば使用することできます。





レンタカーやリースにおいてレンタル料を支払いは、レンタル料なりのコストパフォーマンスです。



しかし、お金に関してはレンタル料を支払って借りると言うことは損でしかありません。



100万円を借りれば当然金利が付きますが、返済するときには100万円+金利の金額を支払わなければなりません。



借金は未来の自分からお金を借りる


通常お金を借りればそれ以上の金額を返さなければいけません。



お金を借りた100万円もお金を貯めた100万円も価値はどちらも変わりませんが、借りた場合はこの100万円にさらに金利を支払わなければいけませんので、金利の分だけ損です。





考え方を変えれば借金は、未来の自分からお金を払って借りる行為だと言うことがわかります。



経済学に「割引現在価値」があります。この考えは将来のお金の価値が、もし現在受け取れたとしたらどの程度の価値を持つかを表すものです。



例えば、1年後に100万円貰えるのと、今90万円貰えるのが等価であると感じる人にとっては、1年後の100万円の割引現在価値は90万円ということになります。



このことを現実的に考えてみますと、現在の100万円が年利10%で1年後は110万円になっていると言えます。



このような考え方が割引現在価値です。



借金を割引現在価値の考え方に当てはめれば、借金をしなければ1年後に100万円手に入るはずだったお金が、その100万円を今手に入れる分の金利をすでに払ったと過程すれば、90万円を手に入れると言うことです。





割引現在価値


この未来からお金を借りる際に発生する手数料であり、金利が借金をすると言うことのデメリットです。



あなたが100万円借金をすると言うことは、100万円を借りて来年金利分を上乗せした110万円を返すと思いがちですが実際は違います。



借金は未来のお金レンタル料を支払っているといえ、このように未来にもらえる金額を差し引いた金額を手に入れていると考えることもできます。



もちろんお金の使い方にもよりますが、借金は必ずしも悪いと言うわけではありません。



不動産を購入する場合など、その感覚では、借金をしていると言う実感がわかないかもしれません。



しかし、本来もらえる金額がもらえなくなると言う考え方ならば、借金をしていると言うことを投資などでもっとほかの視点から考えててお金を増やすことができるのではないでしょうか。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪





LINE公式アカウントはこちら👇

×

非ログインユーザーとして返信する