タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

4年に1度の閏年に生まれる確率

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣


4年に1度しか誕生日が来ない2月29日のうるう年という日があります。





うるう年に生まれる確率は、4年ごとですから
  


365×4+1=1461日に1人の割合です。



その確率は、



1/1461=0.0006845%



しかし、必ずしも4年ごと言うわけではありません。4年に1度のうるう年ですが、うるう年が存在しない年もあります。



100年に1度はうるう年を設けない年があるのです。その結果、西暦2000年はうるう年がありましたが、2100年はうるう年になりません。




 
400年ごとにうるう年を加えることでバランスを取っています。そのようなことを踏まえますとうるう年の回数は、100年に24回になり、400年で97回になります。


 
ではなぜ、うるう年が4年に1度存在するのか、それは本来は1年は365日ちょうどではないからです。
  


私たちが西暦を数えている「グレゴリオ暦」では、一般的に1年を365日と考えていますが、しかし実際には、地球の動きは1年365日ではないのです。
 


誤差を正確にするために


1年365日の計算では若干のずれが生じています。そのずれのバランスをとるため、または調整するために、うるう年と言う形で4年に1度に2月29日を数えることによってグレゴリオ暦と地球の動きの帳尻を合わせています。
 


その際1年間でどのくらいのずれが生じるかは、1年で「5時間48分」になります。



このようなことから考えると、地球の正確な動きは、1年、365日と5時間48分と言うことになります。



ですから、この5時間48分を数えませんと実際の地球とのずれがどんどん増えてしまい、正確な西暦を地球と合わせることができません。





1年で5時間48分のずれになりますので、4年に1度うるう年を設けていますが、実際には12分のずれがこれでも存在してしまいます。



そのようなずれを正確に調整するために、100年でうるう年が存在しないよう、400年でうるう年を加えるなどの微調整を行っているのです。
 


そして、月ごとの出産率にはばらつきがあり、2月に生まれる子供の確率は、ほかの月と比べてもさらに低いです。



この4年に1度のうるう日に生まれるとゆうことは大変貴重な誕生日とゆうことになるのです。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪






LINE公式アカウントはこちら👇

 


×

非ログインユーザーとして返信する