タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

がんの発症確率から学ぶ

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



がんによる死亡のその割合はなんと2人に1人ががんを発症しています。

 




この割合は非常に多いです。がんにならないためにも日ごろの生活を改める必要があります。
 


確かに、医療が発達し、がんになったとしてもその半分の50%は10年生き延びることができています。しかし、このことは先進国だけの割合です。
 


そして男性と女性ではがんになる確率に違いがあります。圧倒的に女性のほうががんになる確率が高いのです。



女性のがんの発症確率は、52%です。それに比べて男性は39%しかありません。しかし、がんの発症率は女性のほうが高いですが、男性よりも平均寿命は長いです。
 


がんになる原因


がんになってしまう最大の要因は、「タバコ」が最も多いですが、科学物質や、自然界に存在するさまざまな放射性物質なども原因になります。





私たちの体は、約60兆個にも及ぶ小さな細胞でできています。しかし、その細胞にも寿命があります。約60兆個の細胞のうち毎日1%つまり、6,000億個が死んでしまいます。



そのままでは細胞は毎日減り続けてしまいますので、それを防ぐために細胞分裂を繰り返し減った分の細胞を補う必要があります。



人間の細胞分裂は、ミスをしないようにできているのですが、そのミスが遺伝子の突然変異なのです。



細胞が突然変異をしたとしても通常ならば、突然変異のミスの細胞になりますから、その細胞は長くは生きることができません。
 


しかし、ある遺伝子の突然変異が起こりますとその細胞は死なない細胞になってしまいます。



 


その死なない細胞ががん細胞なのです。そのがん細胞は突然変異を繰り返し大きくなりますので、大きくならないうちの早期発見ががんを治すためには有効なのです。
 


がんによる死亡増加


発症率も昔にくらべて増加しました。その要因として時間が伸びたからです。
 


「毎日細胞が減って、その細胞を細胞分裂で補う」
 


この細胞分裂をする回数が寿命が昔よりも長くなったために増え、昔よりも突然変異が起こる可能性が増えました。
 


ですから、がんになりやすくなったのではなく、寿命が延びたことによる細胞分裂ミスつまり、がんになる件数が昔よりも増えたので、結果的にがんによる死亡率がトップになったと言うことなのです。
 


タバコによるがんの増加


寿命が延びたためにがんの死亡率が上がったことは確かですが、やはり、タバコによるがんの増加は否めません。



また、驚くことに喫煙者が無くなれば、がんの発生率が男性の場合は、1/3になると言われています。



がんの死亡率トップが肺がんですが、それ程までにタバコと言う存在は私たちの健康に大きな被害を与えているのです。



タバコによる肺がんの発生率はとても高く、男性で70%、女性で20%になります。ですから喫煙しないことが健康への近道だと言うことがわかります。
 
 
しかし、タバコを吸う方よりもフィルターを通さない副流煙を吸うほうが危険です。




 
なぜなら、タバコを吸っている方はフィルターを通し発がん性物質を軽減した煙を吸っているのに対して、副流煙はその発がん性物質を含んでいる煙だからです。
 


タバコを吸わない方でも喫煙者と一緒にいる時間が長い人は、十分な換気をするなどの注意が必要です。
 


健康の身体を維持する


値段のほとんどが税金のタバコは今後も増税により値段は上がるでしょう。その値段は年間にすればとても高く、数十万円にも及びます。ですから、喫煙者がタバコを止めることはとても経済的にもお得だと言うことになります。





病院でもタバコの治療が受けられる時代になり、たばこを吸い続ける値段に比べれば比較的安く治療を受けられ、タバコを止められます。
 


タバコをやめて10年経てば健康的な肺になると言われています。
 


がんになる確率を減らし、寿命を延ばし無駄なお金を失わないためにも、健康で長生きすることは、これからの未来を生きるために必然なのかもしれません。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪






LINE公式アカウントはこちら👇

×

非ログインユーザーとして返信する