タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

危険な地域で被害に合う確率

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



テロや内戦など危険な地域は世界には沢山存在がします。





ニュースを見てしまいますとそのような地域に行くことが危険なことだと感じます。しかし、果たして本当に危険な地域に行くことは危険なことなのでしょうか。



確かに、そのような内戦やテロが頻繁に行われている地域にジャーナリストが取材に行き、命を落としてしまう事件なども多々起こっています。



多くの方が、「なんでそのようなわざわざ危険な地域に行くのだろう」「そんな危ないところに行くから危険な目に合う」などと思うことは普通のことかもしれません。



確率から危ないことなのかを判断


過去にイスラエルでテロ攻撃が頻繁に起こった時期がありました。





2000年10月から2002年4月までのこの期間において、イスラエルでテロの犠牲となった人の数は319人です。



2万人に1人の割合です。確率にして0.00005%で、この数字は極めて低く同じ時期に交通事故で無くなる確率と比較したとしても2倍以上低い確率になります。



しかし、いくら確率が低いと言ってもたくさんの日本人ジャーナリストや日本人のツーリストが行けば、その犠牲者が1人でも出ればニュースにもなります。



日本人が海外で亡くなったニュースのほとんどがそのような危険な地域に行ったことが原因や治安の悪い地域に行くことになり「治安や危険な地域に行くことは死ぬこと」と思ってしまっても仕方がないのかもしれません。



このようにテロなどで犠牲になることは、あまりにも確率が低いことがわかります。決して安全とは言うわけではありませんが、必ずしも危険で命を落とすと言うわけでもないのです。



ニュースだけを気にしてはいけない


話の冒頭でも説明しましたが、多くの方が、「なんでそのようなわざわざ危険な地域に行くのだろう」「そんな危ないところに行くから危険な目に合う」などと思ってしまいます。



しかし、そのような危険な地域に取材に行く方などただ単に面白半分で行っているわけではないことがわかります。



「現地の状況をリアルに伝えたい」「現地の子供たちを救いたい」「現地の人々に援助したい」と、思っている人がほとんどです。





そのような地域に行くことが、危ないことや危険なことだと言うことは、その本人たちが安全な日本にいる私たちよりもわかっているはずです。



表面上の危ない地域に行ったから危険な目に合うと言うことだけにとらわれずに、このようななぜ、その人が危険を犯してまでも危ない地域に行くのかと言うことを考えていただければ、物事の本質がわかるはずです。



日本は平和で私たち日本人はとても恵まれています。日本で生活している私たちは感謝の気持ちを忘れず日々過ごしていきたいものです。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪






LINE公式アカウントはこちら👇

×

非ログインユーザーとして返信する