タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

年齢による結婚できる確率

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



年齢による独身アラフォー女性(35歳以上44歳以下)が10年後に結婚している驚愕の確率は1%未満なのです。





晩婚化が進み初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳なので、男女ともに35歳以上は確かに「晩婚」と言えます。



この平均初婚年齢は100年前は男性が26歳、女性が22歳です。40年前と比べると、 現在の平均初婚年齢は男性が3歳、女性は4歳上がりました。



平均初婚年齢は、このように年々上昇してきていますので、ますます晩婚の傾向が進んでいることがわかります。



要因はさまざまですが仕事を優先する人もいれば自由な時間を楽しみたいと言う人もいます。そして、女性の社会進出の割合も進み女性が昔のように結婚だけの人生を選ぶだけではなくなってきています。





経済的にも自分の人生を好きなように生きるスタイルはとても魅力的です。
晩婚が進んでいるからと言って決して若い人が結婚をしなくなったわけではありませんが、しかし、10代で結婚している若者の2人に1人が15年以内に離婚しているのが現状です。



生涯未婚率について


結婚をしない男性や女性が増えてきているのも事実です。



生涯未婚率では50歳までに一度も結婚したことがない人の割合が、1980年と比べると男性は約7倍、女性は約2倍も増加しています。



男性の生涯未婚率はとても増加しており5人に1人が生涯未婚と言うことになります。女性に関しても10人1人は生涯未婚と言うことになります。



年齢別の未婚率をみても若い年代の未婚率が上がっています。女性の社会進出によってこのように晩婚や生涯未婚率が上がっているのも要因ですが、男性の草食化と言うことも要因の1つなのかもしれません。





男性の結婚意欲の低下


昔では結婚をすることが当たり前の時代がありましたが、戦後の時代の変化により結婚しないことに対してそこまでの抵抗がなくなっていることも事実です。



男性が結婚を望まなくなってしまったと言う理由の1つとして「経済的に余裕がない」「交際経験がない」など結婚したくてもできずに、結果的に独身になってしまっている人もいます。



女性が社会に進出する機会が増えたと言ってもすべての人が結婚をしないと言う選択肢を選んでいるわけではありませんが、結婚をいずれしたいと思っている人は多いはずです。



結婚するかしないかは本人の問題ですし、他人がどうこう言う問題ではありませんが、結婚を考えているのならばなるべく早めに行動を起こすことも必要ではないでしょうか。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪







LINE公式アカウントはこちら👇

×

非ログインユーザーとして返信する