タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしております。数有る案件から厳選して選び抜いたものに投資をしています。Trade Coin Club、BitClub Network、CCP、OZcompany、winnexplusで運用中。億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

One for All All for Oneを選んだ理由

3月も早いもんで振り返ってみると今月もバタバタHYIPがとんでいった印象です。



本来は投資金が会社側に多く集まれば長く続けていけますが飛ぶHYIPはその逆です。





投資金が集まってないなら続き、集まれば飛ぶ。



飛ぶ要因の1つに日本人が多いと飛びやすい、この根拠は投資額にあります。



他の国に比べて1人1人の平均投資額が圧倒的に日本人が多いのです。



HYIPといえば日本人とロシア人の比率が高いので幾つかとんでいったHYIPのデータを取ってみました。ロシア人の平均投資額155ドルに対して日本人の平均投資額は886ドルと平均投資額はロシア人のなんと5倍です。



日本人がHYIPの格好にされているのは投資額の多さです。





当然日本人が集まれば集まる程飛ぶスピードは早まります。



最初から騙すつもりで作ってる訳ですから会社情報(利率、サイト、ドメイン、謄本等)当然、投資家を騙す手口は巧妙でかなり立派な情報を我々に与えてきてます。



RightRise、リッチモンドバークス等いい例ですがイギリス国家と組んでいる、携帯アプリがあるなど騙す為に巧妙に仕掛けてきます。



立派なサイトを作る、登記をとる、ドメインを10年延ばすなどお金をかければ簡単なことですが、その分しっかり投資家から騙し取るのだなと私は思います。





もちろんHYIPの全てが詐欺ではありませんが、実態がわからない限りはポンジスキームです。




では何故、私が実態がわからないOne for All All for Oneを選んだか




前回のOne for Allのブログにも書いてますが、P2Pクラウドファンディングだからです。



簡単にいえばこれにつきますが会社側にお金を託して運用するわけではないのはビットリージョンと同じです。





日本人が多くてもビットリージョンが飛びにくい理由はそこにあります。



One for Allは日本人が作った説等ありますが、世界各国の人種が参加して、日本人か日本語がわかる人種もいるとゆうことです。サーバーはアメリカのマサチューセッツ州で日本ではありません。





参加するかしないかはそれぞれが自分で考えて決めれば良いですが、ネット場にあるデマや噂よりしっかりと根拠やデータを取って投資するのは継続を考えたら必要不可決です!!





いよいよ4月1日からグランドオープンするOne for All All for Oneですがわかりやすい動画を載せておきます。



1部では、ビットコインのことを詳しく解析してますのでOne for Allに興味がない方も是非ご覧ください!!




【one for all all for one】4月1日グランドオープン!Vol.1



2部ではOne for Allの本質と、私が投資をする理由がよくわかります。




【one for all all for one】4月1日グランドオープン!Vol.2



ご質問、ご登録はブログ、ツイッター、LINEにお気軽にDM下さい!!


LINE ID nobo911






☜☟記事が良かったらポチポチッ♪♪と押してね(^^)/
仮想通貨ランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。