タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

おみくじの順位と当たる確率

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣


日本人は年を明けて新年を迎えると初詣に行く習慣がありますが、おみくじを引いて今年の運勢を占う方も多いことでしょう。

 




縁起の良い順位
 
おみくじを行う際、何が出るか気になる方は多いです。



縁起の良い順番はありますが、正解はありません。



神社や寺によっておみくじの内容が異なるからです。伊勢神宮を本宗として日本各地の神社を包括している神社本庁では、以下のような順番になっています。
 


「大吉」「吉」「中吉」「小吉」「末吉」「凶」
 


ただ、前述で述べたように、大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶とする社寺もあります。




 
これから分かるように、地域や場所によっておみくじの種類や順番は異なります。
 


末吉の本当の意味
 
おみくじの中に、「末吉」があります。



末という字がつくことから、一番したの吉と考える方が多いです。



しかし、実際は末吉の末という字は、「未来」を意味します。



そのため、末吉はこれから先の未来が良くなっていくという意味になります。
 


末吉を引いたからと言ってがっかりすることはありません。
 




おみくじは内容に意味がある
 
ここまで述べてきたことから分かるように、おみくじには大吉や凶などいろいろな種類がありますが、おみくじで本当に重要なのは内容です。



また、大吉や大凶が出るとその反対になりやすいとも言われています。



これは「陰陽道」的な考え方の、「陽極まれば陰生ず、陰極まれば陽生ず」という言葉に由来しているためです。
 


対極にあるものは、その逆方向に転じ易いということを意味しているからになります。





これからが分かるように、おみくじを引くうえで最も重要なのは、その内容です。
 


おみくじはたとえ結果が良くなかったとしても、引き直してはせっかく引いたおみくじも意味が無くなってしまいます。



また、一度しか引くことができないのもおみくじの良いところです。
 


おみくじは結ばなければいけないのか
 
引いた後のおみくじは、大きくわけて2つの方法で納めます。
 


・おみくじは内容に関係なく、持ち歩き、後々お礼を込めて納める


・自分にとって都合の悪い内容の場合、その場で結ぶ。良いおみくじの場合だけ持ち帰り、後々結ぶ
  


おみくじは教訓のために持ち歩くものだったも言われていますので、必ずしも結ばなければいけないわけではありません。



 おみくじの正しい結び方
 
引いたおみくじは、結ぶのが一般的です。必ずしも結ばなければいけないわけではありませんが、結んだほうが良いと言われています。





それは、おみくじは縁を「結ぶ」意味があるからです。



基本的には、おみくじは木々に結びます。木の生命力にあやかって、願い事が結ばれるようにという祈りが込められているのです。
 


しかしながら、むやみやたらに木々に結ばないようにしましょう。景観を損なうこともそうですが、それが、最低限のおみくじのマナーだからです。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪






LINE公式アカウントはこちら👇

×

非ログインユーザーとして返信する