タクヤの小遣い稼ぎブック☆

ビットコイン投資をしております。数有る案件から厳選して選び抜いたものに投資をしています。D9Club、CCP、Trade Coin Club、One for All All for One、winnex+で複利運用中。億万長者も夢じゃない!ご質問等お気軽にDM下さい。わかりやすくサポート致します!お金にまつわる不安を解消しませんか?

欧州サッカーリーグ始まる

欧州の4大リーグも開幕し始め、サッカーが盛り上がってます。



ブックメーカーの、サッカーをされる方は稼ぎやすくなりますね。



純粋に世界からみるとヨーロッパのリーグは資金量からスター選手を獲得しやすく、各チームのレベルが高いので観るほうも面白いです。今日はサッカーのデータを参考に記事を書きます。



プロサッカーは通常、前半45分、後半45分ずつの合わせて計90分+ロスタイムで行われますが、前半、後半どちらが点数が入りやすいか調べてみました。



ヨーロッパリーグ参照ですので、正確な世界的な調査はありませんが、4:6ぐらいの割合で後半の方が多くなる傾向はあるようです。



原因としては



(1)1点が入ってから、「試合が動き出して」点が入っていく。



(2)終盤に近づくにつれて、体力的消耗・集中力消耗によりいわゆる「中盤が空いてくる」状態が発生して得点の可能性が高くなる。



前回ワールドカップも綺麗に40%対60%になっていました。



そして、得点が入りやす時間帯を調べてみると、1番多いのが前半開始10分まで、そして後半終盤10分+ロスタイムが最も多いようです。




確実とは言えませんが、前半開始直後はカウンター構成で相手の出鼻をくじき一発ゴールで点が入りやすい、後半は終了間際疲れやメンタル面が大きく左右され点が入りやすいと考えていいかと思います。



とくに後半は点差があればあるほどメンタル面に大きく差がでて得点に結びつきやすいようです。



後半終了につれ、レッドカードが増えるのも同じ要因がありそうですね。




あくまでデータなので全てにいえることではありませんが、傾向があるので私の独自手法ではそこを狙い打ちしてブックメーカーで投資していきます。過去データ分析と根拠が幾つもあると勝率はグンと上がります。


※ブログを見られてマニュアルを希望される方は特別価格200ドルにて提供致します。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆ (@takuya_okanee) | Twitter