タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

投資と保険リスクの確率を知る

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



多くの人が保険に加入していると思いますが、その保険も確率にものすごく関係しています。





保険業界では、アクチュアリーと呼ばれる人々が存在し、さまざまな保険の契約に関するリスクの度合いを計算します。



その計算をする際には、保険に加入する人や同じような人に対する統計を調べ、リスクの面を考慮してそれぞれのケースを分析し保険の掛け金などを決めています。





保険の掛け金の計算方法は、保険金を支払う方の割合を求め、それを全員で負担する形になります。



例えば、あなたが車で事故をしてしまい、その修理費用が100万円かかってしまったとします。



その際の修理費用を保険金で負担するときに、どのくらいの割合にすれば会社が利益を出しつつ損をしないのかを考えます。



しかし、自動車保険に加入している年齢や条件によって保険料が違います。



もし、このような保険加入者の全員を同じ待遇にしてしえば保険を使わない方と保険をたくさん使う方との差が生まれてしまいます。



免許取立ての若者などまだ運転に十分な経験がありませんし、交通事故を起こす割合が多いために保険料を高く設定する必要があるのです。



なぜなら条件が同じ人のほうが同じ割合で事故を起こす可能性が高いと言う考えになるからです。





当然、保険料は、加入者が多ければ多いほど安くなりますし、加入者が少なければ少ないほど高くなります。



それは、保険加入者が少なくなると保険料も上げざるを得なくなりますし、会社の利益も確保できないからです。



保険は万が一のために


他にも、住居が燃えてしまった。災害にあってしまった。または、自分が怪我をしてしまった。働けなくなってしまったなど、保険はリスクに対して保険を賭けます。





自動車保険の場合は交通事故で最悪の場合は、「相手を死なせてしまう」可能性も十分考えられます。



そのようなことになってしまえば保険は、数千万単位になってしまいます。



事故を起こしてしまった側は、とてつもない金額を支払わなければいけません。



このようなことからも自動車保険の任意保険は必ず加入した方が安心です。



いざと言うときは、起こるかも知れないから「万が一」なのです。





何かあってからでは遅すぎます。



保険と同じよう、投資も、未来は誰にもわからないからこそ、困るようなことのならないように、今のうちに収入が入ってくる柱を沢山持っておくことです。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆LINE @では有益情報などシェアしてますので下記から友達追加してね(^^♪








タクヤの小遣い稼ぎブック☆ 

(@takuya_okanee) | Twitter


お得な情報を素早くゲット!!

×

非ログインユーザーとして返信する