タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

確率の収束の意味を理解する

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣


小学生の算数で確率を学び、当たり前になっている確率ですが、その意味とは、「収束」とはどんなことなのでしょうか。

 



結束させることの意味


確率は結束して初めて意味があり、収束してこそ確率として成り立ちます。しかし、このことを本当に理解している人は少なくありません。



例えば、サイコロの確率を結束させるのには、回数を重ねなければ確率は結束しません。



10回など少ない回数ではサイコロの確率を正確に測ることはできないのです。



そして、サイコロの目は6マスあり確率は、1/6と言うことを、実践して証明するためには100回や1000回など回数を重ねて検証していかなければ、確率の信ぴょう性のあるデータは取れません。



しかし、実際にはほとんどの人は、何かの確率を求めるときやその確率通りに実行する際、このように100回や1000回などと回数を重ねていき、確率を収束させようとはしていません。





すぐに諦めてしまっては確率通りになることはありませんし、当たり前のことなのです。



例えば、確率が1万分の1の宝くじならば、1万回行って1回当たるかどうかの確率ですから、100回や1000回その宝くじを引いたところで当たらなくて当たり前なのです。



ですから、宝くじの確率が1万分の1でその宝くじを当てたいのならば、1万回の宝くじ引くことを前提に考えなければなりませんし、そうでなければ宝くじを当てることはできません。



「運があれば当たる」「引きがあれば当たる」と思う方もいるかもですが、確率的に宝くじは、史上最高に当たらない夢のギャンブルだと言うことを認識しなければなりません。





収束させられない場合


1万回も宝くじを引くことができないのなら最初からやらないことです。最低限の確率の分母通りの回数を実際に行えないのならば損をするだけなので最初からしないほうが得策です。



大多数の人はそのことを知らないがために余計なお金を使ってしまい、無駄な損失を出してしまいます。



分母通りにできいのなら、最終的には何もしないほうが損を避けられます。





損をしないが得もしないことが私たちが意図的にコントロールできる中で最高の形だと言うことを理解する必要がありますし、運だけはコントロールできません。だから運なのです。



しかし、運によって勝つことはコントロールできませんが、負けること、負ける金額はコントロールすることはできます。



宝くじにおいて私たちが唯一できることが、負ける金額を減らすことだけなのです。



宝くじは使った金額の半分の額しか自分に返ってこない仕組みです。もし、この割合が宝くじのように還元率が50%ではなく、100%以上ならば積極的にお金を使うべきです。



日本の宝くじの現状はお金を使えば使うだけ損をしてしまいます。当たる確率が夢だからこその、これが現実です。





現実的に考えて無駄な損失を出さずにお金を最大限に増やしていこうと思うのならば、確率の収束は最善の方法なのです。



ですから、このようなことからもわかるように確率は結束させなければ確率通りにならないことを理解し、正しい確率の本当の意味を知っていただければ幸いです。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪





公式LINEはこちら👇


タクヤの小遣い稼ぎブック☆ 

×

非ログインユーザーとして返信する