タクヤの小遣い稼ぎブック☆

自動売買戦士タクヤです。投資に役立つ情報を書いたブログです♪不労所得も夢じゃない!!お金にまつわる不安を解消しませんか?

男女の生まれる割合

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村👆応援宜しく📣



人生において男か女に生まれるのか、もしかしたらあなたは異性に生まれてきた可能性があったかも知れません。





男女の生まれる確率は1/2の確率だと思われがちですが、若干男性に生まれる確率のほうが多く、自然界ではその数字は女性を1としたとき、男性は1.07%になります。



女性が1000人いるとするのならば、男性は1070人になります。



男女の産み分け


染色体の関係上、男の子が生まれてくる確率は高いのです。この遺伝子的な要因、染色体のXYの特性を生かし産み分けをする病院も存在します。



X遺伝子を持った精子が着床すると女の子。Y遺伝子を持った精子が着床すると男の子。X遺伝子は酸性に強く、アルカリ性に弱い。酸性にY遺伝子はアルカリ性に強く、酸性に弱いとされています。



これ以外にもさまざまな産み分けと呼ばれる論理や方法がありますが、医学的根拠はあるみたいなのですが科学的根拠は現在のところ不明です。





そして、出生時は男性のほうが多いのですが、世界の人口で男性が多いのか女性が多いのかを比べたときは女性のほうが多いのです。



女性のほうが寿命が長く、そのような数字になってしまうのです。このことはとても奥深いですし、うまくバランスがとれていると言うことになります。



この際の割合は、男性1000人に対して女性が1004人になります。少しの違いですが女性のほうが多いのです。



地域ごとの男女比の違い


世界全体で表してみると世界にはたくさんの国と地域がありますので、場所によっては男女の関係に違いがあります。



ロシアやウクライナでは、男性を1としたとき、女性は1.14%になります。女性のほうが約1割以上多いのです。そして、このことは男性からしてみれば少しうれしいニュースなのかもしれません。



簡単に言ってしまえば男性が100人だとすると、女性が114人と言う割合になりますから、単純計算でも女性が14人余ると言うことになります。



しかし、数字上の問題ですから、実際はライバル争うが激しいかどうかはわかりません。



この男女比を、日本で見ても、男性より女性のほうが多いです。なぜなら、日本は長寿大国で寿命は女性のほうが長いですから、必然的に全体の割合でも女性が多いと言うことになります。





さまざまな国の男女比を見てきましたが、まだまだ世界にはすごい国があります。



その国とはカタールです。



地域的にもカタールの存在する中東の国では男女比が違うのですが、その中でもカタールが極端に男女比が違います。



その数字は女性が1に対して男性が約2人です。



カタールはドーハの悲劇の相手国であり、2022年のFIFAワールドカップ開催国です。このカタールでは一夫多妻制を採用しています。





このように世界や地域によって男女の比率は大きく変わりますが、世界的な統計でみると男女の比率はそこまで変わらないことがわかります。



そして、男女の比率は1:1が一夫一妻でも一夫多妻でも望ましいと言う研究結果があります。



この男女の比が1:1と言う数字になると言うことは、必然なのかそれとも偶然なのかは、私たちのDNAだけが知っているのかもしれません。




タクヤの小遣い稼ぎブック☆公式LINEでは有益情報などシェアしています。下記からお友達追加してね(^^♪






LINE公式アカウントはこちら👇
 


×

非ログインユーザーとして返信する